Home > 2008年08月

2008年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

行動ターゲティング広告は誰のための広告か。

行動ターゲティング広告って、それ自体は素晴らしい技術と思うんだけど、
インターネット広告の現場はどうしてもCPC、CPA至上主義に走りがち。

でも、それって「メディア」、「クライアント」、「代理店」がHAPPYな構図であって
Win-Win-Winかと思いきや、一番大事な「ユーザー」の視点が抜けている。

これでは、誰のための広告か分からない。


行動ターゲティング広告が真に評価に値すべき広告手法となるには
ユーザーにとってHAPPYになれる広告手法まで昇華すべき。

そのためには、広告のマッチング精度をいかに高め、
ユーザーの欲しい「情報」とするのも大事かもしれないけど、
それよりも、もっと伝え方を考えるべきだと思う。

だからこそクリエイティブは大事。
ターゲティングされたユーザーに対してどのようなコミュニケーションを取るかで
それが素敵な情報なのか、つきまとうウザい広告か。まで変わってしまうように思う。


しかし、アドテクノロジーは進化しても、
メディアの広告掲載方法が変わらず今までと同じというのはいかがなものなのか。

広告がユーザーの欲する情報に昇華させるには、
メディアも進化しなければならないのかなと思っている。

Home > 2008年08月

Recent Comments
Search
Meta
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。