Home > 広告

広告 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

行動ターゲティング広告の売り方、セースルトーク

今まで純広告というものの存在価値は、検索件数の向上というようなものくらいしかなかったように思う。それは媒体も代理店も提案の仕方に課題があるというのは否めないが、だいたいそんなもんだ。純広告がダメだというわけではない。当然認知をさせるという広告は必要であって、認知されていなければ、当然ユーザーのマインドシェアも握れないので、せっかく検索され数社から比較検討されているテーブルにのっかっても、ユーザーがその会社を「知らない・よく分からない」というだけで選択しないだなんてあまりにも悲しい。

しかしながら、そこで行動ターゲティング広告の登場だ。興味関心に合わせて配信されるとなると、代理店にとってもクライアントにとっても面倒な?メディアプランをすっとばして、その媒体に訪れるユーザーが、的確にターゲティングでき、「見込み客」として可視化できてしまったのである。

代理店のセールストークは恐らくこうだろう。「Yahoo!のサイト内には、不動産に興味がある人が****人程度います。つまり貴社の見込み客は現段階でこれだけいます、どうしますか?」たぶんざっくり言ってこれだけの内容でいい。リスティングと同じようなセールストークで十分だ。今までのようになぜこのメディアプランでターゲティングできるのかといった説明はいらない。そしてクライアント側は、見込み客を他社に奪われまいと必死なのは当然だし、何より他の代理店が同じメニューを持って競合他社へ行かれては。。なんてことが脳裏によぎるだろう。

そもそも行動ターゲティング広告は誰が買うのか。広告主側の企業競争の中で特定の業界は限られたパイの奪い合いが激化している。この業界に入る企業は比較的行動ターゲティング広告に興味があることが多い。例で言うと、競合が限られている寡占業界、ユーザーにとって商品のスイッチングコストが高い商品を扱う業界、人生において数回しか購入しない商品を扱う業界、などである。これらの業界において、リスティングだけで勝負してしまうとキーワードの単価高騰による競争激化だけでなく、今日のお客さんに出会えても、明日のお客さんには出会えないため、いつか失速していくことが予測できるだろう。実際に行動ターゲティング広告メニューとして販売している広告カテゴリも上記のような業界のクライアントが中心だ。出稿状況も行動ターゲティング広告に限って言えば、不動産、金融、人材あたりのカテゴリが人気である。ただ、昨今の市況により半年前の勢いは失ってはいるものの、それでもまだまだ売れている。

これから行動ターゲティング広告はその価値を高めるべく、データマイニングの世界へ突入していくことだろう。現段階でもJIAAの行動ターゲティング広告フォーラムでも言及されたように、行動ターゲティング広告に最適なフリークエンシーとクリエイティブは直近の課題である。これは掲載媒体、掲載時期、掲載クリエイティブなどが複雑に絡むので、現段階ではあまり答えが出ていないのが現状だ。よって、数を繰り返すことで各キャンペーン毎の傾向を分析し、次回の戦略精度を高めることで勝ちパターンを見つけることが求められる。

行動ターゲティング広告の役割、価値

行動ターゲティング広告をリスティングと比べてどちらがCPAがよいかを判断することは、ほとんどの場合あまり適切ではないと思われる。にもかかわらず、いくつかのクライアントからそういう話を頂くことがある。

クライアントは本当は分かっているんだけど、結果が分かりやすいものを求めるほうが楽だからという話もあるかもしれない。別にこれはどちらが良い悪いの話でもなく、個人的に思うのは、そもそも役割が違うので同じ土俵で比べるべきではないというお話。ちなみにCPAだけですべてを判断するのであらば、リスティングとアフィリエイトだけでいいと思っている。それ以上のCPAを担保できる広告商材は現状他にはないだろう。(他の広告商材でも結果的に良くなることはあるけど。)

まず大前提として、リスティングと行動ターゲティング広告では、ユーザーと広告接触する際の、ユーザーの動き方がまったくの逆だと思っている。リスティングとは、ユーザーがWEB上にて能動的に動いた結果、接触する広告である。自分で検索して調べているのだから、興味度合いは非常に高く、欲求は明確であり、顕在化している。それに対して行動ターゲティング広告の場合、欲求は顕在化してはいるが、ユーザーの動きは受動的である。ユーザーはある特定のモノを直接的に調べようとしている如何にかかわらず、ただサイトを巡回している際に、その媒体の広告枠にて興味関心に合わせた広告をプッシュしてくる。


 【能動的】顕在欲求が最も高いユーザーの「能動的な動き」に対して広告配信している。
 【受動的】ターゲティングされたユーザーの「受動的な動き」に対して広告配信している。


こういった特性の違いを理解しないと、行動ターゲティング広告に求めるモノが変わってくる。各クライアントが合格基準として要望するCPAは、顕在化したユーザーの新規獲得コストであって、比較検討段階のユーザーを獲得するCPAではないということを認識しないと、どうしてもズレが生じる。つまり望むCPAより高くなるということだ。それを認識したうえで行動ターゲティング広告を検討しないと、レポートの段階で「リスティングより効果が悪い」という結果になるだろう。(いや当たり前なんですけどね)

もともと行動ターゲティング広告とは、過去の履歴によりこのユーザーは何に興味があるのかを判断して配信するものである。ユーザーは何を考えているのか。比較検討段階ということは、欲求は顕在化しているものの、どの企業にすべきかを迷っているはずだ。つまり競合企業も検討しているということを意識することが一番大事だ。

そのパイの奪い合いをどれだけ重要視しているかによって、行動ターゲティング広告の価値は大きく変わるのではないかと思う。行動ターゲティング広告はリスティングと同じ効果が期待できる獲得型商品ではない。

同世代スピンオフ、参加者決定!

小規模かなぁと思っていたんですが、合計12名の方々から御連絡頂きました。

皆様ありがとうございます。

一応、締切が本日18日の18:00までということなので、締め切らせて頂きました。
まだ参加未定の方も含まれておりますが、きっと来てくれることでしょう!

来週前半に会場の場所の御連絡を皆様に致しますので
その際に、未定の方は参加可否の御連絡頂ければ幸いです。

では、以下に参加者の方々を記載させて頂きますよー!要チェックやー。



■参加者一覧(一部)
 #みなさんの一言コメント(最近興味あるネタ等)を記載させて頂きました!

▼Generation V さん
http://www.asaeda.com/
#メルティングドッツ(http://meltingdots.com/)はソーシャルメディアを専門とした会社です。
 昨年はセカンドライフが盛り上がったのをうけていろいろやりました。

▼55periodic さん
http://blog.55p.me/
#プログラムが書けるようになりたいです。目下javascriptとrubyを勉強中。

▼カムリブログ さん
http://comelive.blogspot.com/
#最近、少し冷え込んでいたVocaoid熱が巡音ルカによってぶり返しましたw
 よろしくお願いいたします。

▼ゆるーく、てっくLove。アドとかマスとか。 さん
http://d.hatena.ne.jp/airmash/
#どうぞ、よろしくお願いいたします。

▼SEM-Analytics さん
http://www.sem-analytics.com/
#楽しみにしてます!

▼ありったけの日々 さん
http://arittake.exblog.jp/
#よろしくお願いします。

▼キャッチボール さん
http://blog.catch-ball.co.jp/
#どうせならアラ25くらいでやれると狭くて良いと思いました。
 (私もうすぐ27なのでぎりぎりかなと)

▼赤ラン! さん
http://mogumogu-aksk.jugem.jp/
#「未定」のステータスでお願いします。

▼プロサンプション研究ブログ さん
http://prosumption.daiko.co.jp/
#儲からないと言われがちなWeb2.0系サービスのマネタイズに興味があります。
ブログで書いている「プロサンプション」は、要は、「企業活動を(自社の領域に興味の高い)
ユーザーと一緒にやっていこうよ」ということです。あと、ニコ厨。特にニコマス。



■STAFF

▼マーケる? 【山口】 http://marke.seesaa.net/
#ソーシャルメディアを上手く活用したいですね

▼WEB-AD SEARCH 【人見】 http://worldwidewebad.blog117.fc2.com/
#楽しみだ~たのしみだ~

▼Nori's Entertainment inc. 【西原】 http://norixad.blog111.fc2.com/
#ビンゴ大会はないですよ!




以上です。また皆様には会の詳細を個別にメールにてご連絡致します。
では、当日は宜しくお願い致しますねー!(・∀・)☆

同世代スピンオフやります!

ようやく来週末開催です。

小規模だけども、何かワクワクを感じさせる会にしたいと思います。
年齢差なんて気にしない、こゆーいお話ができることを期待しています。

■開催概要
-----------------------------------------------------------------
日程:2009年02月27日(金)20:30開始
場所:渋谷近辺(後日御連絡致します)
予算:4,000円程度

■運営スタッフ
-----------------------------------------------------------------
【山口】マーケる?http://marke.seesaa.net/
【人見】WEB-AD SEARCHhttp://worldwidewebad.blog117.fc2.com/
【西原】Nori's Entertainment inc.http://norixad.blog111.fc2.com/


参加ご希望の方はぜひこちらのフォームから応募ください。

http://spreadsheets.google.com/viewform?key=pTTFjoNj_otu31SLejqRfCg&hl=ja


締切は今週【18日の18:00】まで。お待ちしていますよー!




ちなみに!現段階での参加者一覧(一部)

▼Generation V さん
http://asaeda.com

▼55periodic さん
http://blog.55p.me/

▼カムリブログ さん
http://comelive.blogspot.com/

▼ゆるーく、てっくLove。アドとかマスとか。 さん
http://d.hatena.ne.jp/airmash/

▼SEM-Analytics さん
http://www.sem-analytics.com/

▼ありったけの日々 さん
http://arittake.exblog.jp/



02/17 UPDATE!

▼キャッチボール さん
http://blog.catch-ball.co.jp/

▼赤ラン! さん
http://mogumogu-aksk.jugem.jp/



and more ...

まだまだ増える。かもです!


BATHTOLOGY 「うるばな。」



アドマンさん達が手がけたという噂のWEBキャンペーンサイト「うるばな。
http://www.urubana.com/

優しい気持ちになれるほっこりしたエピソードがユーザーから投稿されています。
ライオンによるWebプロモーションの展開は初の取り組みらしいですね。


バスタイムというのはプライベートな時間。

そこで、この商品を使いながら、「ああ、こんな心温まる話があったなぁ」なんて思いながら、
お風呂につかって癒されるユーザーシーンが目に浮かびました。


こういったキャンペーンサイトはユーザーの投稿数だけを見て、
キャンペーンの良し悪しを判断するものではなく、
いかにユーザーとのコミュニ-ケーションが親密にとれたのかが重要だと、
個人的には思います。

今後の盛り上がりに期待しています!

広告系総会 vol.3

諸事情により「広告系総会vol.3」には参加出来ません。

残念すぎる!

初回から参加してきたのですが、今回は欠席デス。
皆さんお会いできずごめんなさいー。

いろいろとアレですが、僕は生きてます。元気です。
それだけは御報告としてお伝えしておきます。

そういえば、以前のエントリー同世代スピンオフ会なんてどうだろう。で記載していた、
同世代スピンオフ会が、素敵な同志により、ようやくようやく実現しそうです。

2月だよ、宜しくね!(そうです僕が幹事です)

なんでそんなに時間かかっているんだという御声も聞こえてきそうですが
ズバリ言うと、「タイミング」です。

そんなわけで、やっとこさ
「同世代スピンオフ会」が開催予定で御座います!

20代・広告系ブロガーであることが条件。


それだけ。素敵でしょ?

お騒がせしております。

一部の方には何のことを指しているのか分からないかも知れませんが
ここをご覧になられている多くの方はご存知かと思います。

ただ言えるのは、「行動ターゲティング広告」というものに対して
「ガイドライン」と呼べるものが必要になっていることだけは確かです。

同世代スピンオフ会なんてどうだろう。

WEB-AD SEARCHのHitomiさんと先日飲んだ。

一番初めにお会いしたときが、ちょうどタカヒロさん主催のブロガー新年会です。
その時に同期だということが分かり、なかなか同業他社の方で見つけにくいため
仲良くなりましょうというお話をしました。

そしてその日、家に帰ってHitomiさんのブログを見てみればびっくり。

僕なんかと違って、ちゃんと広告業界のためになるような記事ばかり。
読み応えのあるブログだったので、同年代でも違うなぁと感じていました。
(あの時から僕のブログは何一つテイストが変わっていないんですがw)

それから広告総会や、スピンオフ会などで数回お会いすることがあり
それぞれの仕事の話を深くしてみれば、境遇がよく似ていたりなどして意気投合。
これからの広告や夢、仕事の悩みなんかも話せるのはやっぱり同期が一番話しやすい。

やっぱり同期、同世代の繋がりは他社も含め、大切にしていきたいものです。
スピンオフ会などを重ねるうちに、結構同世代の方も見つけられるようになり
僕が知っているだけでも5人くらいはいるんじゃないかと思います。


ちなみに僕は83年生まれ。
浪人を経験しているので社会人経験は2年目に当たります。

同世代の方(ざっくり言えば20代です)を見つけるたびに、
いつか同世代スピンオフしましょうと、かるーく提案させて頂いているのですが、
皆さんどうなんでしょう?どうなんですかー?


って、名だたる方々はこんなマイナーブログを見ていないので、
ここで声かけをしても無理だな、こりゃ(笑)

うーん、やっぱり、おひとりおひとりメールするしかないな。
あ、そうそう。まず初めにyteppei君も誘わないと!

広告系総会スピンオフ会

先週末に広告系総会スピンオフ会に参加させて頂きました。
則天去私様、お誘い頂き有難う御座います。

広告業界においてはまだまだ新参者の私ですが
御参加された半分以上は顔馴染みのメンバーとなり話しやすい雰囲気でした。

今回はセプさん系列の方が多かったような印象でしたね。
あと同年代というか比較的若い方が今までよりも多い会でした。

赤ラン!さんは新年会のときに面白い紹介をされていたので
「あー!あのブログの!」みたいな感じですごく印象に残っていましたが、
ようやく面と向かってお話することができました。そしてなんと同期なんですね!
是非仲良くしてください。同じ世代になかなか巡り合えないので、
今後同世代でのスピンオフなんかも面白いかもしれません。
上品な方で、上司から期待の声が高く、デジタルサイネージを含め、
Ad tech系にもアンテナを張る向上心の高い方でした。

同時にLife2.0さんともお話をさせて頂き、
ニコニコ動画の可能性から、デジタルサイネージまで幅広くお話させて頂きました。
電鉄系総合代理店はこれから本当に面白い時代が来るのでワクワクします。

デジタルサイネージの世界には、行動ターゲティングの考え方も応用できるはずだと
個人的には考えており、行動ターゲティング広告はそこまでいかないと
真価を発揮できないものだと思っています。
現状のままでは、行動ターゲティング広告はちょっとつまらないもん。

いや別に否定じゃないですよ。というか僕の本業ですからね。
(この辺は以前のエントリでもちょっと触れています。)

これからあらゆるメディアがネットワークへ繋がる時に、
もっとワクワクするコミュニケーションが生まれると思います。
それは博報堂の須田さんもおっしゃるように「全員シロウト時代」に突入するので、
何が来るのかまったく分かりません。だけども行動ターゲティング広告は
そこでもっと可能性を開かせる時代になるんじゃないかなと思っています。
むしろ弊社はそこを攻めるべき(To 7110様)

このあたりの話を[beat] Bite’n Eat All the Thing.さん達とお話。
やっぱり、デジタルサイネージめちゃめちゃオモロそうですよ >Ogawaさん
個人的には一番盛り上がった話題でした。


あと、新年会の時に唯一の学生さんということで一躍有名になったjekiのUさん
(ブログがどれだったか忘れた、だはー。)ともようやくお話できました。
デジタルネイティブを感じさせ、ネットに対する強い好奇心が溢れる方でした。
総合系在籍でWEBに強い。。うん最強。
デジタルネイティブすぎて、ほんと下の世代、怖いですw (ってひとつしか変わんねーかw)

あと一年目の方がもう一人おられました。Life2.0さんの後輩にあたるカムリブログさん。
非常に低姿勢ながらも、お話を聞けば圧倒的なフットワークをお持ちで。
Life2.0さんが師匠だなんて羨ましすぎる!!御丁寧にメールまでいただき有難う御座います。
これからブログチェックさせて頂きますね。

あと他にもいろいろお話した方がたくさん。
ばがボンドno広告魂様(その節はお世話になりました)
茶太郎のほぼ日々マーケティングさん(この度は運営等、有難う御座いました)



そしてゆるいながらも、熱き議論は会場を延長しても収まらず
場所を変えての二次会も多盛り上がり。

コミュニケーションのカタチが変わるということ 2ndさん
気が付けばいつもお世話になり、総合系のお話はいつも勉強させて頂いてます。
憧れの師匠です。うー。えーと、あーと。弟子にして下さい!!


ひよぷら日記さん
同じぐらいの年齢なんだろなと完全に勘違い。めちゃめちゃ先輩でした。失礼いたしました(笑)
それくらいお若く見えるということで(汗)
一度会社にも訪問させて頂きました。その節は有難う御座います。
エントリーの広告系総会スピンオフ会には「独自のポジション」との記載。
うーむ。これはキャラではないことを祈るばかり(笑)

そうなんですよね。こういう会は当たり前なんですけど、代理店の方が9割。
あとはメディアさんだったり、クライアントさんだったり。
弊社は完全に「独自のポジション」になるんですよね。
(一応アドテクノロジー企業としての立ち位置なのかなと思ってたり。)
だからすごく新鮮。それでかつ受け入れて下さる皆様の懐の深さに感謝です。(特にkikuikenさん)
元々興味が代理店寄りなのでどの話もおもしろくて仕方ありません。


他にも参加されていたのに御挨拶が出来なかったのは非常に残念。。

広告ウーマンさんとか結局一回も喋ってないじゃないかー!俺のバカ!
徳力さんも何度かお会いするのに新年会以来挨拶できず、俺のバカ!
そしてWEB-AD SEARCHは来ないし!Hitomiのバカ(笑)



そういえば、あと誰か、同年代の方がいたような。。

あー!yteppei!! うん、あんま話してない。今度話そか。

(すいません。オチに使わせてもらいましたw)

行動ターゲティング広告は誰のための広告か。

行動ターゲティング広告って、それ自体は素晴らしい技術と思うんだけど、
インターネット広告の現場はどうしてもCPC、CPA至上主義に走りがち。

でも、それって「メディア」、「クライアント」、「代理店」がHAPPYな構図であって
Win-Win-Winかと思いきや、一番大事な「ユーザー」の視点が抜けている。

これでは、誰のための広告か分からない。


行動ターゲティング広告が真に評価に値すべき広告手法となるには
ユーザーにとってHAPPYになれる広告手法まで昇華すべき。

そのためには、広告のマッチング精度をいかに高め、
ユーザーの欲しい「情報」とするのも大事かもしれないけど、
それよりも、もっと伝え方を考えるべきだと思う。

だからこそクリエイティブは大事。
ターゲティングされたユーザーに対してどのようなコミュニケーションを取るかで
それが素敵な情報なのか、つきまとうウザい広告か。まで変わってしまうように思う。


しかし、アドテクノロジーは進化しても、
メディアの広告掲載方法が変わらず今までと同じというのはいかがなものなのか。

広告がユーザーの欲する情報に昇華させるには、
メディアも進化しなければならないのかなと思っている。

Home > 広告

Recent Comments
Search
Meta
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。